先週末のワークショップでの気づき

 

 

土日は新横浜と代々木公園にてワークショップ。

 

どちらのワークショップも

「つま先で地面を踏み込まずに走る」ためのドリルを。

 

なぜつま先で地面を踏み込まない走りを身につける必要があるのか?

 

それは...

 

もしあなたが足底筋膜炎やアキレス腱炎

ランナー膝で悩んでらっしゃるのであれば

すぐに効果を実感できると思いますけど

結局は、ランニングっていう動作が前に進むための動作なのであれば

その動作に対して理にかなってない体の使い方してるから

痛みが出たり

筋肉痛がひどく出たり

脚が痙攣したりするわけです。

 

 

で、今回のワークショップやってる最中に、神が降りました(笑)。

 

なかなか足首がリラックスできない参加者さんに

あるドリルを徹底してもらったら

すんなりと力みが抜けたんです。

 

 

参加者さんがうまくできないことを

どうにかできるようにお手伝いするのが僕の仕事。

 

とはいっても

このワークショップにご参加いただいた方はおわかりだと思いますが

基本、簡単ではありません。

ていうか、うまくできないドリルの方が多いと思います。

 

だけど、何の意味もなくやってるわけじゃありませんから。

誰もができないから、そこに価値があるんです。

できないなら、なぜできないかを考える。

 

それは、参加者さんだけでなく

僕自身もたえず考え続けています。

 

「なぜこの人はこのドリルができないんだろう?」

「どうすればこの人はこのドリルができるようになるんだろう?」

 

 

自己責任とは、そういうことなんだと思うんです。

 

僕のワークショップに参加するだけで

万事がうまくいくかって言ったら絶対にそんなことないし

逆にうまくいかない課題を突き付けられる。

 

そこで折れたら、そこで終了です。

やらなきゃ何の変化もないし、やれば変化が出る。

 

 

昨日も、2回目のご参加の方の走りを動画で撮影したんですけど

ビックリするくらい変わってる。

 

ルナサンダル履いてパタパタ音が出るんですよねーっておっしゃる方の

足音が全然しなくなってる!

 

やれば必ず変化は出ます。

ただ、そこにはメンドクサイことがもれなく付いてきます

 

モノやサービスが人間にグッと寄り添うようになって

どんどんメンドクサイことが排斥され、敬遠される今日

自己責任は行方不明になっていきます。

 

あなたの姿勢はどうでしょう?

メンドクサイものとの距離、適切ですか?

 

【お知らせ】

ワークショップにご参加いただいた方に

ご感想をいただきました!

 

【ワークショップに参加されたきっかけを教えてください!】

 

フルマラソンを3時間半を切りたくて、なかなか切れなくて、陸上経験が私はないので

しっかりプロの方に教わりたいと思って参加しました。

 

【ワークショップの感想を教えてください!】

 

脚で走るものと思ってたんですけれども、胴体を使って走るっていうのがすごく新鮮で

目から鱗のレッスンです。

 

【今後の目標を教えてください!】

怪我なく楽に、後半落とさずに笑顔でゴールしたいです。

 

ありがとうございました!

 


無料でこの教本を手に入れてください!

 

あなたが「筋肉の無駄遣いを解消する」戦略を選択したら、この「大腿四頭筋の激しい筋肉痛にならない走り方教本(定価1495円)」を無料で手に入れてください。

 

そのためには「ゼロベースランニング・メルマガ」にご登録いただき

このページの「メルマガ読者特別サイト」にアクセスするための

パスワードをゲットしましょう。

 

「メルマガ読者特別サイト」で教本のPDFをダウンロードできます。

 

下の登録フォームからご登録ください。