変化

 

 

毎月やってる

「STRYD」による定期測定を

今月もやりました。

 

さて、上の画像にある生徒は

ちょっとしたコツで

まるで別人のような走りになってます。

 

では、動画とSTRYDのデータを並べて比較してみましょう。

 



 

 

ここで注目してもらいたいのが 
LEG SPRING 8.3→10.5 

GROUND TIME 214.4→193.0 
CADENCE 178.9→187.2 
VERT.OSC.7.3→6.9 

この変化です。 

LEG SPRINGってのは、足のバネ。 
この数値が低いと、筋に対する負担が大きく 
腱反射が上手に使えてないことが考えられる。

GROUND TIMEってのは、接地時間。 

CADENCEは回転数。 

VERT.OSCは体全体の上下動の幅。 

数字だけみたら、結構変わってますね。


特に、LEG SPRINGとGROUND TIMEは 
すげー変わってます。 

動画で走りを見ただけでも 
すげー変わってるってのはわかりますけど 
あらためてこうやって数値で出ると 

面白いですね。

この生徒も 
かなり感動してました。 

 

ただ

普段は走ってる時は

結局介入前の走りに戻ってますけどね(笑)

 

え?

そのコツってのはなんだ?って?

 

いやいや、大したことないんで・・・

わざわざ言うまでも・・・。

 

どーしても気になるなら

真似してみてください。

 

んで、体で感じてみましょう。

 

この走りが良いか悪いかは

僕に聞くより

あなたの体に聞いた方が早いっす。

 

ゼロベースランニング道場 - 「マラソン後半の急激なペースダウンを解消したい」「ランニングによる故障を走りながら改善したい」そんなあなたのためのメソッドが「ゼロベースランニング」。このイベントでは、ゼロベースランニングのメソッドをランニングに応用するためのドリルをみっちり行います。https://moshicom.com/9603/

無料でこの教本を手に入れてください!

 

あなたが「筋肉の無駄遣いを解消する」戦略を選択したら、この「大腿四頭筋の激しい筋肉痛にならない走り方教本(定価1495円)」を無料で手に入れてください。

 

そのためには「ゼロベースランニング・メルマガ」にご登録いただき

このページの「メルマガ読者特別サイト」にアクセスするための

パスワードをゲットしましょう。

 

「メルマガ読者特別サイト」で教本のPDFをダウンロードできます。

 

下の登録フォームからご登録ください。


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    りく (土曜日, 22 7月 2017 22:38)

    踵を尻につける意識を持たせた のでしょうか?