ランニング 足背の痛みと大転子の動きの関係

 

こんにちは、高岡です。

 

さて、熊本国府高校でコーチはじめて

そろそろ丸2か月が過ぎようとしてますけど

いよいよ本格的に故障者が増えてきました(苦笑)。

 

部員が16名ですけど、約半数が故障してるっていう・・・。

 

こんな状況になっちゃったら

他の高校のコーチだったら慌てちゃうとこでしょうけど

うちの場合は、今出てきてよかったーって感じです。

 

なぜなら、これを改善できるってことは

走りが改善されるってことですから。

 

ただ、すごーっく不思議なことが・・・。

 

それは、故障してるほぼ全員が

足の甲の痛みを訴えているっていうこと。

 

え?足の故障も伝染するんすか・・・?

 

次から次に「足の甲が痛い」。

 

うーん、これは神様からのお告げだな。

「ここに大きなヒントがあるぞ」って。

 

ってわけで

何が原因で生徒たちは足背(足の甲)に痛みが出てんだろう?

ここをまずはスクリーニングしないと先に進めません。

 

そこで僕がチェックしたのは

「大転子の動き」。

 

僕の著書「ゼロベースランニング」でも

大転子の動きに関しては言及してますので

ぜひそちらも読んでいただきたいんですけど

まずは大転子をベンチマークにして

胴体と四肢の動きの関係をチェックしました。

 

チェック方法は簡単。

二足立位の状態から

まずは左の大転子が左側方にスライドしないように

誰かに抑えてもらいながら左片脚立ち。

 

これを右もやってみます。

 

そうすると

ビックリするくらい・・・

患側では片脚立ちできません。

 

胴体が台形のように使えないことと

四肢の動きが胴体よりも先行してて

主従関係が崩れてる。

 

これを今、修正してるとこです。

 

夏合宿前でよかったなーってのが正直な気持ち。

これから夏に向けて

どんどん走る距離が増えてきますから。

 

ここで大事なのが

走りの質。

 

ただがむしゃらに距離だけ踏むより

踏んだ距離をもっと効果的にするために

走りを磨く。走りの質を磨く。

 

めんどくさいんだけど

これやんなきゃ。

 

あなたの走りの質はいかがでしょうか?

秋冬のレースシーズンを迎える前の

この時期にしかできないことが、ありますよ!

 


まずは無料でこの教本を手に入れてください!

 

あなたが「筋肉の無駄遣いを解消する」戦略を選択したら、まずはこの「大腿四頭筋の激しい筋肉痛にならない走り方教本(定価1495円)」を無料で手に入れてください。

 

そのためにまず「ゼロベースランニング・メルマガ」にご登録いただき、このページの「メルマガ読者特別サイト」にアクセスするためのパスワードをゲットしましょう。

 

「メルマガ読者特別サイト」で教本のPDFをダウンロードできます。

 

まずは下の登録フォームからご登録ください。


メルマガには登録せずに教本を購読されたい方は

下のボタンからどうぞ!