右の舟状骨付近が痛くなってきた件

こんにちは、高岡です。

今日は熊本でこのブログを書いてます。

 

さて、今週は国府高校の生徒たちと一緒に練習したり

午前中に一人で練習したりと

合宿バリの3部練やってるんです。

 

何でかって?

 

人生で初めて、体重計が70㎏っていう

よくわからない数字を表示してくれたから。

 

おおー、やべー!こりゃやべー!

ってことで、今週の目標は150㎞走ること。

 

月曜日は移動で走れなかったんで

火曜日と水曜日は順調に30㎞ちょこっと踏んで。

で、これ書いてる今日、木曜日。ただいま11時過ぎ。

これ書いた後に走って

夕方は国府の生徒と一緒に走って。

 

ってな具合に、めっちゃ走る距離が増えてるんですけど

久しぶりに「痛み先生」がご登壇されました。

場所は右の舟状骨付近。

上の画像の箇所ですね。

荷重するとちょっと痛い。

走れないほどではないけど、地味に痛い。

 

この舟状骨に付着する筋と言えば「後脛骨筋」です。

おそらくこの後脛骨筋の腱に過剰なストレスがかかったんだと思います。

 

先週朝練で、生徒たちとグラウンドを一緒に走った際

右足の裏、前足部の真ん中あたりにマメができちゃってたので

きっとアーチ構造がバグってたんだと思います。

要はつま先で踏み込み過ぎ。

 

さあ、では「痛み先生のレッスン」スタート!ってことで

まず工夫したのが、この動き。

 

この「振り子の動き」です。

拙著「ゼロベースランニング」をお持ちの方は

わかりますよね?

 

まだお持ちでない方も

上の動画見てください。

 

脚を振り子にように振りながら前進します

胴体を伸び縮みさせながら

胴体の動きに脚が追従する感覚をアクティベーションします。

 

その感覚をキープしながら走ると

あら不思議。痛くない。

 

早々と「痛み先生のレッスン」は終了となりました。

 

 

しばらく走ってなかったのに

「いやいやそれくらいのペースならいけるっしょー?」

てな感じで生徒たちと走り出したら

「あ、結構しんどい・・・。でも、今から引けない・・・」

こんな状態だから「手先足先」だけの

雑な走りになってたんでしょうね。

 

反省・・・。

 

 


【お知らせ】

 

 

もしあなたが

「レース後に激しい太ももの前の筋肉痛」に見舞われてるのであれば

ワンランク上の走りを身につけるチャンスです。

 

なぜならその痛みは

あなたのウィークポイントを教えてくれてるからです。

 

秋冬のマラソンシーズンに向けて

この夏のうちに

そのウィークポイントを改善して

目標タイムを達成しませんか?

 

「大腿四頭筋の激しい筋肉痛にならない走り方教本」

6月21日リリースしました。

 

定価:1495円メルマガ読んでいただいてる方は0円

 

今すぐ下のフォームからメルマガ登録してください!

 

メルマガ登録しないで購入される方は下のボタンからどうぞ!