〇KOUMI100マイル

 

10月9日、10日に長野県の小海町で開催された

「KOUMI100マイル」に出場してきました。

 

結果は、というと…残念ながら90㎞地点でDNF…(´༎ຶོρ༎ຶོ‘)

 

100マイルのトレイルレース走るのに、最長練習距離が道路の30キロっていう状況で

やるだけのことはやれたかな、と。

 

最後は歩きでどうにか完走しようとしたんですけど

寒くて体の震えが止まらず、息が続かなくなって、アウト…

 

ただ、練習不足は覚悟の上で、しんどくなってきたら、息を続ける。

頭の中にどんどん入り込んでくる「気を散らすアイツ=雑念」とどう向き合うか?

これがテーマでした。

 

で、このレースって、32㎞を5周するっていう

ホントに頭がおかしくなりそうなレースなんですけど

3周目の山パートに入ったところでだいぶ脚が売り切れ

さぁここからがレースの始まり!って言い聞かせて

どんどん僕の頭の中に押し寄せてくる雑念を、息のリズムで遮断し

前後に誰もいない状況で淡々と歩いてたんですが

だんだん寒さで体が震え出し、もう恐怖で恐怖で…。

 

息がうまくできなくなるんですね、アレって。

 

低体温の軽めのやつは今年のハセツネ30Kで味わってましたけど

怖さの比が違いました。

 

不整脈は全然問題なかったんですけど

頭のどこかでまだ心配してるんでしょうね。

 

残り6Kmくらいのエイドでリタイアしたので

もうちょい頑張って本エイドまで行けば、暖かい着替えもあるし

4周目からはこないだのUTMFで12位だった鳥海くんにペーサーやってもらうことにしてたので

気分も変わるかもと悩んだんですけど

あと6㎞をこの震えと付き合う自信がなかったので

もう、しゃあない。

 

ただまぁ、今回のレースの収穫の一つは

今までのレースで集中力を切らしてたのは

息がうまくできてなかったんだな、ということを

再認識できたこと。

 

息するって、カンタンそうですけど、難しいんだなって。

 

特に僕みたいに集中力が長続きしない人って

そういう傾向があんのかもしんないですね。

 

 

その他にも、道中左膝の内側が痛み出して

多分鵞足炎なんですけど

体をどう使うかで痛みがコントロールできるってのをリアル体験できて

すごい面白かったです。

 

この件は、また明日以降に…

 

学生時代以来の完全徹夜で、心臓大丈夫かな?って少し心配でしたけど

とりあえず、今んとこ大丈夫みたいです。

 

今日は、反省のお酒を、少しばかり…